2008年02月20日

記憶の容量

地球温暖化の問題に代表されるように,
ひとの生活は自然に大きな影響を与えている。
メディアはエコをテーマにした本や雑誌を
続々と作り,書店などでもけっこう大きな
スペースをとって並ぶほどだ。

バーダーをはじめ,自然科学書を多く作ってきた
文一総合出版でも,今まで生き物のネタで
食わせてきてもらったお礼ではなけれど,
フリーの小冊子を発行することが決まった!
(内容については,後日,紹介する予定)

担当はオレ。
立ち上げの準備で新しいことを学ぶ日々だ。
しかし,新しいことは次々と頭に入る代わりに,
従来の忘れっぽさにさらに拍車がかかってしまった。

もう記憶の容量がオーバーしてしまったのか,
ちょっと心配になってくる今日この頃。

posted by Mr.バード at 18:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。